読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の国歌/民謡集

世界の国歌や民謡などを紹介する場所です

ウクライナ国歌「ウクライナは未だ滅びず」

ヨーロッパ

解説

ウクライナ語とロシア語は同じ系統の言語だが「 Ґ」の文字がロシアには存在しないため、スターリン時代には使用を禁じられていたという。

この文字はこの国歌にも登場するが、たった一つの文字からも他の国に蹂躙され続けた国家の悲哀を汲み取ることができる。この曲は1862年にパーベル・チュビンスキーが作詞、1863年にミハイル・ヴェルビツキーが作曲した。

1917年に短命に終わったウクライナ人民共和国の国歌として制定されたが、旧ソ連によって歌うことは禁止される。ゴルバチョフ大統領のペレストロイカによりウクライナにおいても反体制派とされていた人々の権利回復や非合法化されていた宗教の開放が行われた。1991年にウクライナは独立を果たす。国歌「ウクライナは滅びず」の歌詞はその悲劇的なトーンが不評を買い、新政府は歌詞を募ったがオリジナルを超える作品が集まらなかったので、多少の手直しを加えることでこの曲を国歌として交付した。

実はフランス同様、「今の国歌の歌詞は乱暴すぎるから変えるべき」と主張する人が少なからずいて、大統領への嘆願書を作成し、投稿できるサイトでも新しい歌詞に変えてくださいという嘆願書が提出されているが、署名を2500以上必要としてるのに333しか集まらなかっただけあって返事はされてないようだ。その歌詞を変えた「人々のウクライナの国歌」はYouTubeにて「非公式の国歌」として配信されている。

歌詞

♪和訳例

ウクライナの栄光と自由は未だ滅びず

兄弟よ、運命はなおも我らに微笑む

敵は陽にさらされた朝霧のごとく死に絶える

そして、兄弟よ、我らは自ら国を統治しよう

我らはこの魂と肉体を自由のために捧げる

そして、我らがコサックの血を引いてることを示さん

兄弟よ、シャン川からドン川まで血の戦いへ

我が故国を誰にも支配はさせない

黒海は微笑み、祖父ドニエプルは喜ぶだろう、

我らは自身の幸福で再び繫栄するだろう

我らはこの魂と肉体を自由のために捧げる

そして、我らがコサックの血を引いてることを示さん

我らの努力と労働が未だ成果を示し

我らのウクライナで歌声が大きく響く

カルパチア山脈をこだまし、草原へと鳴り響き

ウクライナの栄光は世界の国々へと伝わるだろう

我らはこの魂と肉体を自由のために捧げる

そして、我らがコサックの血を引いてることを示さん

 

ウクライナ語歌詞

1

Ще не вмерла України і слава, і воля,
Ще нам, браття молодії, усміхнеться доля.
Згинуть наші воріженьки, як роса на сонці.
Запануєм і ми, браття, у своїй сторонці.

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

2

Станем, браття, в бій кривавий від Сяну до Дону,
В ріднім краю панувати не дамо нікому;
Чорне море ще всміхнеться, дід Дніпро зрадіє,
Ще у нашій Україні доленька наспіє.

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

3

А завзяття, праця щира свого ще докаже,
Ще на нашій Україні піснь гучна розляже;
За Карпати відіб'ється, згомонить степами,
України слава стане поміж народами.

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

視聴

www.youtube.com