読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の国歌/民謡集

世界の国歌や民謡などを紹介する場所です

オーランド自治州歌「オーランドの歌」

解説

オーランドの歌はスウェーデン語が話されるフィンランドのオーランド諸島で1922年に採用され、国歌となった。ジョングランデルが作詞したこの曲が初めて歌われたのは1922年の祭りであった。

歌を歌うときに配ることがある、の曲の歌詞カードには第3節以降は省略されることがよくある。

歌詞

♪和訳例

千の島々からなる土地とスケリーズは

波の下深くで生まれた

オーランド、私たちのオーランド、私たちの故郷に

我々は会うことを切望してる

カバノキの下のいにしえの墓は

千年の歴史を伝える

私たちは祖先の国を決して忘れない

どこに行っても

どこに行っても!

美しきは私たちのオーランドの湾と海峡

春の明るき日々に青くなる

森と林をさまようのは楽しい

私たちの海岸の開花地で

真夏の極の夕方の赤い空は

喜んで手を挙げている

遠くの漁村の村で

ビーコンは若者を照らしてる

ビーコンは若者を照らされてる

 

私たちのオーランドの美しい波の泡は

強大な崖に跳ね返される

教会の人々が星の下で舵を取る

氷の深い海の上で

嵐が轟こうとも平和なコテージの中で

紡績車の歌が歌われる

愛する子供の時の記憶は

息子たちは喜び賞賛した

息子たちは喜び賞賛した

オーランド人の男女は決してしない

部族の名誉を落とすことなど

戦争で脅かされたが、勝利した

我々は自由の遺産を手にした

大声で叫ぶ、スウェーデン語で

促す声で話した

火の海の跡のように我らの道を悟れ

我々が所属する場所を教えてくれ

我々が所属する場所を教えてくれ

 

スウェーデン語歌詞

Verse 1
Landet med tusende öar och skär,
danat ur havsvågors sköte.
Åland, vårt Åland, vår hembygd det är.
Dig går vår längtan till möte!
Forngravars kummel i hängbjörkars skygd
tälja din tusenårs saga.
Aldrig förgäta vi fädernas bygd,
vart vi i fjärrled än draga
vart vi i fjärrled än draga


Verse 2
Skönt är vårt Åland när fjärdar och sund
blåna i vårljusa dagar,
ljuvt är att vandra i skog och i lund,
i strändernas blommande hagar.
Midsommarstången mot aftonröd sky
reses av villiga händer,
ytterst i utskärens fiskareby
ungdomen vårdkasar tänder
ungdomen vårdkasar tänder


Verse 3
Skönt är vårt Åland när vågsvallet yr
högt mot de mäktiga stupen
när under stjärnhimlen kyrkfolket styr
över de islagda djupen.
Ryter än stormen, i stugornas ro
spinnrocken sjunger sin visa
minnet av barndomens hägnande bo
sönerna lyckligast prisa
sönerna lyckligast prisa.


Verse 4
Aldrig har åländska kvinnor och män
svikit sin stam och dess ära;
ofärd oss hotat, men segervisst än
frihetens arvsrätt vi bära.
Högt skall det klinga, vårt svenska språk,
tala med manande stämma,
lysa vår väg som en flammande båk,
visa var vi äro hemma
visa var vi äro hemma

視聴

www.youtube.com