読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の国歌/民謡集

世界の国歌や民謡などを紹介する場所です

ユーゴスラビア連邦国歌「こんにちは、スラヴ人」

ヨーロッパ

解説

「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二種類の文字、そして一つの連邦国家」と言われるほどの一つの国家として成立しいてるのが不思議なモザイク国家であったユーゴスラヴィア連邦。まがりなしにも単一国家としてまとめ上げたチトー大統領が1980年に死去すると民族紛争が再燃し、分離独立運動が激化する。1991年にセルビア共和国モンテネグロ共和国が連邦からの離脱を宣言。翌年、新ユーゴ(ユーゴスラビア連邦共和国)を樹立し、2003年2月に連合国家セルビア・モンテネグロが誕生した。同国では1945年に制定された旧ユーゴスラビアの国歌を引き続き使用している。歌詞はサミュエル・トマシック、曲は19世紀半ばにカミル・クロファス・オグニスキ(ポーランド人?)が書き下ろしたものだが、基本となるメロディーはポーランド国歌と同じである。しかしながら汎スラブ主義を謳ったこの歌は、帰属意識が薄まるにつれ疎んじられていく。1998年サッカーW杯では代表選手はもちろんサポートまでもが自国の国歌にブーイングするという事件が起こった。2003年2月には新憲法が承認されて国歌も変更する方向に向かった。2006年のモンテネグロが連邦から分離し、セルビア・モンテネグロの後継国家となったセルビアでは「正義の神」が国歌として採用されこの曲は国歌としての役割を終えた。

歌詞

♪和訳例

やあスラヴ人

私たちの祖先が遺した言葉は今なお生きているぞ

祖先の子孫の胸もまた民のために鼓動する

生きよ、生きよ、スラブの精神

地獄の穴などものでもない

雷の火もものともしない

のしかかるものはアドリア地方の激しい風に吹き飛ばされてけ

岩が砕け、樹が折れ、大地が震えても

私たちは岩壁のように動じず立っている

祖国への反逆者は地獄に堕ちるがよい!

 

ブルガリア語歌詞

Хей славяни, все още жив е
духът на нашите предци.
Докато сърцето за народа бие
на техните следовници.

Жив е, жив е духът славянски
ще живее с векове.
Не ни плашат ни бездните адски,
нито огнените гръмове.

2

Нека сега и над нас
със буря всичко да се разнесе.
Скала се пука, дъбът се цепи,
земята нек се разтресе.

Ние стоим твърдо като крепост.
Проклет да е предателят
на своето отечество!

 

セルビア語歌詞

Хеј, Словени, јоште живи
Дух наших дедова,
Док за народ срце бије
Њихових синова .

Живи, живи, дух словенски
Живећеш веков'ма.
Залуд прети понор пакла,
Залуд ватра грома!

Нек' се сада и над нама
Буром све разнесе,
Стена пуца, дуб се лама,
Земља нек' се тресе.

Ми стојимо постојано
Кано клисурине.
Проклет био издајица
Своје домовине!

視聴

ユーゴスラビアセルビアモンテネグロ国歌

www.youtube.com

ポーランド国歌(聞き比べてみてください)

www.youtube.com