世界の国歌/民謡集

世界の国歌や民謡などを紹介する場所です

フィンランド国歌「我が祖国」

解説

「我が祖国」は1848年5月13日に開かれた学生たちの春の祝典で初めて演奏された。歌詞は愛国詩人のユーハン・ルードヴィーク・ルーネベリにより、スウェーデン語で書かれた。元々は「ストール旗手物語」の序文として書かれた詩編フィンランド戦争を描いたこの作品は瞬く間にフィンランド人の愛国心を喚起する。1809年に自治大公国となったフィンランドは、ロシアのアレクサンドル1世が大公になると自治権が大幅に認められ、ナショナリズムも一気に花開いた。1863年に公用語フィンランド語になると、パーヴォ・カヤンデルがフィンランド語に翻訳し、広く国民にも知られることとなる。フィンランド語バージョンはスウェーデン語版と意味はほとんど同じであるが、カヤンデルの訳にはフィンランドを意味する「Suomi(スオミ)」といった単語が用いられるなど、よりフィンランド人のアイデンティティにに訴えかける内容となっている。

作曲はフィデリック・パシーウスが手掛け、我が祖国は1919年に国歌として制定っされた。この楽曲はエストニアの国歌の「我が祖国、我が誇りと喜び」と同じ歌詞。

歌詞

おお、私たちの国、スオミ*1、我が故国

その黄金の名、高らかに鳴り響け

これほどまでに愛される

谷、丘、湖、浜辺は存在しない

この北の祖国、高価なる祖先の国の他に

閉じているつぼみが殻を破り

静かに芽を吹く

見ろ、我らの愛を受け成長してく、

この煌めき、栄光、喜び、希望が!

やがては高らかに鳴り響くだろう

我等の愛国の歌が!

 

フィンランド語歌詞

1.
Oi maamme, Suomi, synnyinmaa!
Soi sana kultainen!
Ei laaksoa, ei kukkulaa,
ei vettä rantaa rakkaampaa
kuin kotimaa tää pohjoinen.
Maa kallis isien.

2.
Sun kukoistukses kuorestaan
kerrankin puhkeaa;
viel' lempemme saa nousemaan
sun toivos, riemus loistossaan,
ja kerran laulus, synnyinmaa
korkeemman kaiun saa.

スウェーデン語歌詞

1.
Vårt land, vårt land, vårt fosterland,
ljud högt, o dyra ord!
Ej lyfts en höjd mot himlens rand,
ej sänks en dal, ej sköljs en strand,
mer älskad än vår bygd i nord,
än våra fäders jord!

2.
Din blomning , sluten än i knopp,
Skall mogna ur sitt tvång;
Se, ur vår kärlek skall gå opp
Ditt ljus, din glans, din fröjd, ditt hopp.
Och högre klinga skall en gång
Vår fosterländska sång.

視聴

www.youtube.com